実力社会に勝つためにベンチャーインターンシップ

海外で働くことに漠然とした憧れを抱いているけれども、ナカナカ最初の一歩を踏み出せない・・・という方もいるとおもいます。当然、短期のインターンシップもあるので、探してみると好いでしょう。

 

ヨーロッパやアメリカに行ってスキルを磨くことも、アジアに行って満ちあふれる成長のエネルギーを感じることもできます。「海外インターンシップ」とはアメリカなど、外国の企業で研修生として働くことデス。

 

エンジニアインターンで紹介をしているインターンはおもにIT系企業のインターンシップとなります。当然、外国インターンシップは国内のインターンシップに比べて期間は長めとなります。

 

やはり、国内のインターンシップに比べてコストや手間はデカ煩悶なってしまいますが、それ以上に得られる経験・能力もでかいのは間違いありません。だいたいのインターンシップは1ケ月以上となります。

 

ここではくわしく紹介する事は出来ませんが、企業のインターンシップだけで無く、NPOのインターンシップ、技術系のキャリアバイトなどいくつかあります。「海外インターンシップ」といっても種類はイロイロデス。

 

将来「英語を使って仕事をしたい!」「海外でベンチャー企業就職したい!」などという方には日本でのインターンシップのみでは物足りないと思います。有給のインターンシップになると通常3ヵ月、6ヵ月以上になります。