実力社会に勝つためにベンチャーインターンシップ

あまり現実と想像に荵夜屬のない人もいれば、思ったよりつらかったという人、その上国外で働く事に幻滅の人もいます。何事も経験デス。

 

感覚は人それぞれです。おなじグローバルに働きたいという人でも、実際に外国で働いてみれば、その感覚もそれぞれことなります。

 

「海外インターンシップ」で得られるものは、けして語学力のみでは有りません。現地の人々だけでは無く、自分とおなじように「海外インターンシップ」中の人、現地駐在の日本人、留学生、現地で活躍をしている人など、さまざまな人と出会う事が出来ます。

 

他国の国の人、あるいは他国にいる日本人と出会う事で、海外のネットワークを形成出来、人脈を広げられます。おなじところにとどまり続けるとどんなことがあっても触れ合う人が固定化しマジですが、海外インターンシップにいけば、幅ひろい出会いがあります。

 

一度インターンシップを体験してみて、それが自分にあうのかどんなふうにか、確かめてみてはいかがですか?自分の中の選択肢も広がります。逆に、興味がもともとなくても、キャリアバイトをすることによって想像以上におもしろかった、国外で働きたくなったという人もいます。

 

自分の中で、「グローバルに働く」事の想像と実際の格差を埋めることが出来ます。はばひろい能力と経験を得られると思いますが、そのうち2つほど紹介をしましょう。

 

自分と同じ考えの人から、完全に違う考えの人まで、いろんな人と交流を深めることができる「海外インターンシップ」は、ベンチャー企業就職にも自分にとって大きな結構ところになるはずデス。